ママニック葉酸サプリは授乳中に飲むと危険!?注意点はある?

ママニックは人気の葉酸サプリメントです。

授乳中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

調べていきたいと思います。

授乳中にママニックを飲んで大丈夫?

ママニックは妊活中はもちろん、妊娠中、授乳中も飲んでも大丈夫です。

ママニックは厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸が1日4粒で400マイクログラム摂取できます。

葉酸とは、ビタミンB群の水溶性のビタミンで、「血を作るビタミン」といわれている大事なビタミンです。

緑黄色野菜やレバー、豆類などに含まれているのですが、熱や水に弱いので調理中に大半が失われてしまうのです。

それでサプリメントで摂取するのが望ましいということです。

妊活中から妊娠中には厚生労働省から推奨されているくらいなので飲むのがいいのはよく知られていますが、授乳中にももちろん飲んでも大丈夫です。

授乳中は妊娠中より減らしてもいいそうです。

妊娠中は4粒だったところを、3粒とか、2粒にしてもいいということを、ママニックの公式サイトに電話をすると教えてくれました。

2017年9月8日のお届けからママニックはリニューアルされて、ボトルタイプからパウチタイプになりました。

その外観だけでなく、配合としても少し変わって鉄分が増えたということでした。

より良いサプリメントとなってきているのですね。

ママニックの服用で気をつけたい授乳中の注意点

 


授乳中も妊活中や妊娠中と同様にママニックを飲んでも大丈夫なのですが、減らしても良いとのことでした。

 

気を付けたいのは、妊娠中もそうでしたが1日の用量を守るということです。

たくさん飲んでも効くというわけではありません。

サプリメントは薬と違って即効性はありません。

長く継続して飲んで効果が期待できるものです。

授乳中でも同じですので、1日4粒を上限として飲むということが大切ですね。

また、飲むときは水かお湯で飲むのがいいそうです。

コーヒーやお茶で飲むと吸収が悪くなってしまうということがあるということでした。

産後や授乳中は育児も加わって、睡眠不足や疲労が重なるときです。

赤ちゃんのために良い母乳を出すためにもママニックはいいんですね。

 

ママニックの公式サイトはこちら

ママニック葉酸サプリ

妊活・妊娠中の方へ!

200人の女性の声から生まれた、赤ちゃんのための葉酸サプリ!

6つのポイント!

———————–

  1. 400マイクログラムの葉酸を配合
  2. 15ミリグラムの鉄分・250ミリグラムのカルシウム配合
  3. 29種類ものビタミン・ミネラル・アミノ酸配合
  4. 国産野菜・フルーツの配合
  5. 8種類もの乳酸菌・美容成分配合
  6. 安全テスト済み

———————–

関連記事

ママニック葉酸サプリは臭いの!?効果的な飲み方はあるの?

ママニック葉酸サプリ

ママニックの成分は身体に悪影響?成分の特徴をあげました!

ママニック葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリを男性が飲むとどうなる?女性と効果の違いは?

ママニック ベルタ

ママニック葉酸サプリとベルタ葉酸を徹底的に比較!どこが違うの?

ママニック 妊娠中

ママニック葉酸サプリは妊娠中に飲んでも良いの?赤ちゃんへの影響は

ママニック葉酸サプリに添加物!?それって赤ちゃんへの影響は?